クリックすると総合トップページに移動します
沖縄特産品通販 黒琉豚アグー

沖縄特産品通販 黒琉豚アグー

沖縄特産品通販 黒琉豚アグー

[ DNA管理 ]   ※アグーオス豚・メス豚の画像で確認できる耳の黄色いタグについて
DNAとアグーの体型の情報を基にアグーと認定された豚には、左右の耳に黄色いICチップ付耳標を つけます。
それにより固体識別を行い管理しています。


   希少性の高い琉球在来豚アグーは、粗食に耐え 肉質が優れているとされる。しかし、産子数が少なく 成長が遅いという量産向きでない性質から、飼育 と事業化に大きなハードルがある。

   宮松建設畜産事業部では、幼少のころから畜産 経験のある専務と社長が中心となって、純系種豚 と純系雌豚の交配にこだわり研究を続けた。 その結果、産子数の安定した雌豚(母豚)が 誕生した。

   専務の宮城優は力説する。
「養豚で一番大切なことは何か。それは、良い種豚 と良い雌豚を創り上げること。我々はそれに時間をかけてきた。」 もちろんそれだけではない。飼料の配合や季節性にも注意を払う。 「豚も人間と同じ、ストレスを抱えれば病気にもなる。日頃の様子 を常に観察し、変化を見逃さず、愛情を持って育てている。」

こうして生まれ育て上げられた豚が、黒琉豚なのだ。

   脂身は常温でもゆっくり溶けるという黒琉豚。
クセや臭みがほとんどなく、女性や豚肉が苦手という人にも オススメできるその豚肉は、畜産のプロがこだわり抜いた末に 生み出した究極のブランドといえる。



生産者の想い アグー 沖縄

   宮松建設は文字通り建設業が本業である。しかし黒琉豚事業は新たな分野への進出ではない。 弊社社長及び専務は、実家が畜産業兼生肉店を営んでいたこともあり、幼少のころから 畜産に携わってきた、いわばその道のプロでもある。
   宮城社長は「当時は、豚だけでなく、ヤギ、牛、アヒル、カモ、いろいろいた。 まるで動物園だったよ。我々は小さいころから家畜の世話をずっとしてきた。」と笑いながら話す。
   黒琉豚の特徴は?と話を向けると、
「(黒琉豚は)本当に旨いんだ。黒琉豚の良さは、脂だね。 クセや臭みも少なくて、豚肉が嫌いっていう人でも、黒琉豚は食べられるっていう人がいるくらいだし。」 と自信を込めて話した。

宮松建設代表 生産者の想い アグー 沖縄

宮松建設専務 生産者の想い アグー 沖縄    この人を抜きにして黒琉豚は語れない。専務の宮城優は、琉球在来豚アグーを研究し続け、交配にこだわる 黒琉豚の生みの親だ。
   建設現場の打ち上げで関係者に養った豚を振舞う。それが周囲でおいしいと評判になっていった。人一倍こだわる性格の 宮城専務が研究を続け、希少性の高い琉球在来豚にたどり着いたのは必然のことだった。これが黒琉豚の起点となる。
   実際に「事業」として考えるにはまだまだいくつかのハードルがあった。しかし、持ち前のこだわる性格と研究熱心な姿勢、そして 幼少のころから互いを理解しあってきた宮城社長との連携、そして周りをも巻き込んだ「誰もやらないことだからこそ、 やり抜く価値がある」という信念が突破口を開いた。
   良い豚を育てる秘訣とは?と話を振ると、
「企業秘密で話せないことが多い(笑)」と煙に巻くが、「豚も人間と同じ。人が暑いと感じれば豚も暑い。 人が寒いと感じれば豚も寒い。そこを理解して、日陰をつくったり、風を塞いだりする。単純だけど、一番難しいこと。」 とさらりと語る。長い畜産経験に基づく、シンプルな理論。だからこそ、黒琉豚を生み出せたのだろう。



  琉球在来豚アグーとは?

   琉球在来豚アグーの原種は、14世紀に中国(明の時代)から豚が持ち込まれ、現在の在来豚につながっていると考えられている。 「アグー」とは、沖縄で飼われていた在来の豚の呼名であるが、その名の由来は文面が残っていないため定かではない。
個体数は、第二次世界大戦の影響と、 戦後アメリカ等から大型で発育のはやい西洋品種が大量に導入されたことで激減した。 西洋品種との交配による雑種化も進み、いつの間にか養豚農家の豚舎から姿を消した。 1980年頃からアグー復活の取り組みが始まり、徐々にその頭数を増やしてきています。

  琉球在来豚アグーの特徴(体型)

・全体的に小型である。

・眉間にしわが数本ある。

・毛深く、癖のある長毛で全身が覆われている。

・背中は中央付近がやや陥没している。

・腹部はやや垂れ下がっている。

・脚は短くがっちり型である。

・肥育日数(産まれてから出荷するまでの飼育期間)は約300日〜365日程度。


  [ DNA管理 ]

DNAとアグーの体型の情報を基にアグーと認定された豚には、左右の耳に黄色いICチップ付耳標を つけます。それにより固体識別を行い管理しています。


  琉球在来豚アグーの特徴(味・旨味)

@旨み成分が多い

Aコレステロールが少ない

Bビタミンが豊富

C臭みがない

D脂身が香ばしい

といった声が代表的。特においしい脂身が多いのも特徴で、その脂身こそ琉球在来豚アグーのおいしさといえる。

※弊社黒琉豚アグーに関しては、「臭みが無く美味しい」といった声も頂いています。

より詳しい黒琉豚の情報は、下記PDFファイルで見れます(バナーをクリック)
琉球タイフーン 企業情報バンク沖縄 黒琉豚アグーパンフレット

豚舎1 沖縄 アグー 通販 豚舎2 沖縄 アグー 通販
豚舎3 沖縄 アグー 通販 豚舎4 沖縄 アグー 通販

      黒琉豚:宮松建設© All Rights Reserved 上記画像・文章すべてにつき許可なく印刷・コピー・転写・引用・その他利用することを禁止します